前回の最後で母が話してくれた、ひいおばあちゃんが体験した不思議な話です。




虫の知らせの話①

うだるような暑さの中、ひと仕事終え、ふと庭に目をやると

夏・不思議な虫の知らせ

ひいおばあちゃんのお姉さんは当時体調を悪くしており、とても外出出来る状態ではなかったと言います。


そんなお姉さんが突然訪れたので、とても驚いたそうです。


夏の不思議な話 虫の知らせ
驚きつつも、ずっと心配していたお姉さんが来てくれたことをとても喜んでいたひいおばあちゃん
夏の日


冷えたスイカを切り、縁側に戻ると

夏の日 虫の知らせの話

もう、そこにお姉さんの姿はなかったそうです。


風の知らせ



ひいおばあちゃんが私の母に聞かせてくれた不思議な話でした。
この出来事は、夏が来るたびに前回の虫の知らせの話とセットで思い出します。


こういった不思議な話は半信半疑でとらえてしまうひねくれ者の私ですが、
世の中にはまだ説明のつかない不思議なことがあるんだな・・と考えさせられます。









↓ゲーム・漫画の絵日記はこちら
ネタバレOKな方はぜひ
ジブリ ハウルの動く城の荒地の魔女



↓いつもの日常はこちら☆↓
2019725SA


↑↑
LINEで更新通知が受け取れます☆

Twitterでつぶやいてます😆

↓☆Instagram☆↓ 
https://www.instagram.com/marumarukayoko/

にほんブログ村 漫画ブログへ     

ブログランキング参加中です☆
クリックいただけると
励みになります!



↓よければシェアお願いします