前回までのあらすじ

小学生時代「ゲーム禁止」な我が家に、母が突然ゲームを買ってきた

そして、初のRPGである「聖剣伝説2」を思い込みでプレイし、やたら苦労するハメに

さらに3才の妹は自らを「ポポイ」と名乗り完全になりきっていた
しかし、そんなポポイに
悲劇が訪れる!

↓前回の話はこちら
 イラスト98

↓ここから今回の話です↓
 (聖剣伝説2のネタバレあり)
 
ついに「最終ボス・神獣(しんじゅう)」にたどりついたまるか達!!

20191222



20191222①

20191222②



!?


20191222③
20191222④ 2


「!?そーなのっっ!?」

20191222⑤
20191222⑥

ポポイが死ぬかもしれないことを知り、大泣きする妹(3才)

まさかの出来事に混乱するまるか達だったが、今までポポイになりきっていた
妹の悲しみは半端でなかった・・・



そして「神獣を倒せない」と言うランディにポポイは
 


20191222⑦


「・・・会えなくなるだけて!それもイヤだよ!
てか、本当は死んじゃうのに皆のためにウソついてるんじゃないの!?」

と、こういう時に限って深読みしだすまるか達

そして

 
20191222⑧
20191222⑨


当時、本当にこんな感じでワタワタしてました

まさかポポイが消えちゃうだなんて・・・

でも
「最後はなんだかんだ消えないでいるよね?」と、かすかな希望を胸にラスボスに挑みました!
 
思い入れがありすぎてやたら長くなってしまいましたが、次回で終わります!
 
続きはコチラ!
 


読者登録